サイトマップ

印刷

自然災害・感染症対応 (在校生の場合)

 

自然災害・台風等への対応について 

 ■多摩北部に「暴風警報」が発令された場合は自宅待機とする

 

登校途中で多摩北部における暴風警報の発令が確認された場合は、交通事情等を考慮の上、

自宅に戻るか、登校するか、より安全な方法を選択してください。

 

なお、暴風警報解除による授業の開始は以下の通りとします。

1.朝6時30分の時点において、テレビの天気予報等で、多摩北部の「暴風警報」が
  解除されたことが確認された場合は平常通り授業を行う。

2.8時40分の時点で、テレビの天気予報等で多摩北部の「暴風警報」が解除された
  ことが確認された場合は、3・4・5・6校時の授業を行う。

3.11時00分の時点で、テレビの天気予報等で多摩北部の「暴風警報」が解除された
  ことが確認さされた場合は、5・6校時の授業を行う。

  この時点で前述の警報が解除されていない場合は終日自宅学習とする。

  (生徒の居住地域に「暴風警報」が出ていた場合は、無理して登校しないようにすること。)

 

  詳細はこちらのリンクをご覧ください自然災害・台風等への対応について

 

「学校で予防すべき感染症(インフルエンザ等)」の対応について

 学校は生徒が集団生活を営む場であるため、感染症が発生した場合は感染が拡大しやすい環境です。

そのため学校保健安全法では、感染症の感染拡大防止と予防のため、出席停止等の措置を講じること
とされております。該当する感染症に罹患した場合は自宅で療養に専念していただくとともに、速や
かに学校に報告をお願いいたします。また、回復して他へ感染させるおそれがなくなり登校を再開す
る際には「出席停止届」を担任までご提出ください。   → 出席停止届
 詳細及び学校感染症の種類については「出席停止届」に記載してありますのでご参照ください

 

〒180-0022 東京都武蔵野市境4丁目13番28号
電話 : 0422-51-4554 ファクシミリ : 0422-51-3966
E-mail : S8000537@section.metro.tokyo.jp